スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真央 感涙リベンジ「最高の演技ができた」決戦前に赤飯で気合

真央ちゃんのフリーの演技良かった!
メダルは残念だったけど、
本当にすごい滑りだった!!


浅田真央 『Smile』~氷上の妖精10年の軌跡~ [DVD]
引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140221-00000001-dal-spo

「フィギュアスケート女子シングル フリー」(20日、アイスベルク・パレス)

 SP16位の浅田真央(23)=中京大=は、フリーで自己ベストを更新する142・71点をマークし、合計198・22点で6位入賞を果たした。冒頭のトリプルアクセルを成功させ、集大成の五輪を完全燃焼で終えた。

 演技後は万感の涙がこぼれ落ちた。「SPはああいう形で終わって、すごく自分の中でプレッシャーを感じて。、ずっと悩んでいたけど、今日、こうしてバンクーバーから4年掛けてやってきたことが出せた。支えてくれた方々に最高の演技ができて嬉しかった」。

 すべてのジャンプに失敗したSP。この日の朝の練習でも精彩を欠き、佐藤信夫コーチから喝を受けた。そこから気持ちが切り替わった。トレーニングルームで汗を流し、「よく寝て、よく食べてきました」。決戦前に食べたのは、「お赤飯」。心身ともに整えてきたリンクで、ようやく本来の自分の姿を取り戻した。

 「これが私の最後の五輪」と話してきた集大成の舞台。「やりきった気持ちはある。終わって、ホッとして、4年間やってきて良かったなと思える。(4年後は)想像できません。今回はとにかく悔いなくと思っていた。そういう意味ではリベンジができたと思う。その後のことは、今は考えてないです」と、すっきりした表情で話した。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。