スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼クン、プロ2年目で史上最年少18歳キング

 「日本シリーズJT杯最終日」(6日、東京よみうりCC)

 10代のキング誕生-。石川遼(18)=パナソニック=が史上最年少で賞金王に輝いた。賞金ランク2位の池田勇太(23)=フリー=が優勝を逃し、今季獲得賞金を約1億8352万円とした石川が、池田に約2500万円の差をつけた。18歳での賞金王は、1973年・尾崎将司の26歳を更新する国内ツアー記録。世界の主要ツアーにも例はなく『世界最年少記録』となった。石川は最終日を66で回り、通算3オーバーの19位で今季の戦いを終えた。

石川遼 2010年 カレンダー

 1年間の戦いを終えた石川遼に、18番グリーンの周りを埋めた大ギャラリーから祝福と拍手が降り注いだ。「まさかあれだけ自分の名前を呼んでくれて、大きな拍手をもらえるとは思っていなかった。感無量です」。18歳は、こみ上げる感動を抑えきれなかった。

 プロ2年目で頂点に上り詰めた。6月のミズノオープンを皮切りに4勝をマーク。国内外26試合で1億8000万円以上を積み上げた。尾崎将司の26歳を大幅に塗り替えるツアー最年少賞金王。石川が尊敬するタイガー・ウッズ(米国)が米ツアーで賞金王になったのは21歳の時。世界の主要ツアーの歴史を振り返ってみても18歳の王座獲得は初めてのことだ。

 開幕前、賞金王は遠い存在だった。プロデビューした昨年も1億円超えで賞金ランク5位になったが「自分の実力に見合っていない」と信用していなかった。「今年は賞金シードに入れれば十分だと思っていた」。

 そんな考え方が変わったのは特別招待で初出場した4月のマスターズだった。73位で予選落ちし、「行く前は出られるだけで満足すると思っていたけど、ものすごく悔しかった。あの悔しさが今年の僕を1年間、支えてくれた」。気持ちの弱さを思い知らされ来年のマスターズに出場するために、より厳しい練習を自らに課した。

 7月の全英オープンではウッズと予選2日間を一緒にラウンド。8月の全米プロでは初のメジャー予選通過を果たし、最終日はフィル・ミケルソン(米国)と回った。世界最高峰のプレーを目に焼きつけ、日本に戻ると、すぐに練習に取り入れた。ウッズから学んだ低弾道ショット、ミケルソンから盗んだ高弾道のロブショットは、賞金王を争う石川の大きな武器になった。

 高いプロ意識も身につけた。10月のプレジデンツ杯では、チームメートが早朝からホテルのジムでトレーニングに励む姿を目の当たりにし、自らも一層トレーニングに打ち込んだ。食事にも気を使うようになり、栄養学も学んだ。全米プロから今大会まで17週連続で試合に臨んだ。過酷なスケジュールにも体重は70キロを維持し、体脂肪は11%から8%に減少。体のキレが増した。「ケガなく17週間を戦いきったことは大きな自信になる。痛いところは全然ない」と胸を張ってみせた。

 日本ツアーの賞金王は慣例として翌年のマスターズに招待される。リベンジの切符を手に入れた石川は「気を引き締めてこのオフを過ごし、今季以上の努力をする」と心に誓った。小学校の卒業文集に記した「20歳でマスターズ優勝」の夢。賞金王を手にしても18歳に慢心はない。はるかかなたに見えている夢の実現へひた走る。
(引用:ライブドアニュース)

(仮)フジサンケイクラシック2007~2009 ~石川遼 成長の記録~ [DVD]

tag : 石川遼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。