スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケータイで発覚!磯野貴理「理由は夫の浮気」…離婚報告

 タレントの磯野貴理(45)が6日、東京・麹町の日テレで離婚報告会見を開いた。03年12月に結婚したお笑いトリオ「かしまし娘」の正司照枝(76)の長男で、自身のマネジャーを務める正司宏行さん(38)の浮気が原因で、11月24日に離婚届を提出。携帯電話のメールを見て浮気を確信したという磯野は「後悔はしていない。でも、はかないものだなと思った」としみじみ。慰謝料はなく、2人は今後も同じ事務所で働く。

 涙はなかった。

日テレ系「行列のできる法律相談所」(日曜・後9時)で視聴者に離婚を報告し、その後、会見を開いた磯野はさばさばとした表情で、経緯を説明した。「理由としては夫の浮気です」。淡々と振り返る様子が、逆に痛々しかった。

 宏行さんの行動に疑問を感じたのは今年9月だった。ゴルフを理由に家を空けることが多くなり、10月に入ると、朝帰りも増えた。不安が募り、夫の携帯電話を思わず手に取った。「(島田)紳助さんには『携帯には妻の幸せは入っていない』と言われていたのに、見てしまった」。目に飛び込んできたのは、夫と見知らぬ女性のラブメールのやりとりだった。

 「見たこともないようなロマンチックなメールだった。心臓がバクバクして、息が吸えなくなった」。問い詰めても、夫は言い訳をしなかった。知人に確認したところ、相手は「30代の一般女性」ということが分かった。潔癖性のため、浮気は許せなかった。

 何度も話し合いを重ねた結果、宏行さんから離婚を切り出された。「別れないでと、すがりつくことは出来なかった」。11月24日に2人そろって事務所に報告に行き、そのまま区役所に書類を提出した。

 2人は「タレント」と「マネジャー」という立場で、15年以上前から苦楽を共にしてきた。バラエティー番組で「結婚できない」と言われ続けてきた磯野を、陰ながら支え続けたのが宏行さんだった。10年の交際期間を実らせて、03年12月12日に結婚。おしどり夫婦として、芸能界でも評判だった。

 慰謝料はなしで、2人は今後も同じ事務所で仕事を続けていく。「後悔はしていない。再婚? もう無理かな。そういう方がいればね」。しみじみと語ったが、最後に好みの男性を問われると「小栗旬くん」ときっぱり。いつもの磯野節に戻り、気持ちを切り替えていた。

 正司照枝「2人の大人が決めたことですから、私から、とやかく申し上げることはありませんが、貴理ちゃんと過ごした時間は楽しいことばかりでした。これからも2人を見守っていただき、お引き立て賜りますよう、お願いいたします」

 ◆磯野 貴理(いその・きり)本名・磯野貴理子。1964年2月1日、三重県生まれ。45歳。高校卒業後、3年間の銀行勤務を経て87年にオーディションで合格。女性トリオ「チャイルズ」を結成。フジ系「笑っていいとも!」に出演し人気に。03年11月に所属事務所のマネジャーとの結婚を発表。07年1月1日、本名から「子」を取り、現在の芸名となる。趣味は卓球、特技は書道、珠算。身長153センチ。血液型A。
(引用:ライブドアニュース)

tag : 磯野貴理 正司照枝 正司宏行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。