スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松井秀、生涯メジャー!日本復帰は消滅

 ◆ワールドシリーズ第6戦=7回戦制= ヤンキース7―3フィリーズ(4日・ニューヨーク) 今年限りでヤンキースと4年契約が切れる松井秀喜外野手(35)が、今後の去就についてメジャーに骨をうずめる決意を固めた。ヤ軍残留を第一希望としたが、ワールドシリーズ後15日間の独占交渉期間中で再契約を拒否された場合は、FAとなって他球団との交渉がスタートする。一部で報じられた日本球界復帰の可能性は消えた。

 来季も、松井はメジャーのグラウンドに立つ。ゴジラの頭の中には、「日本球界復帰」という選択肢はなかった。ヤ軍との4年契約が切れる今季、シーズン中に巨人や阪神などからラブコールを送られたが、メジャーで骨をうずめる覚悟はすでに固まっていた。日本復帰を望む声に感謝の気持ちを持ちつつ「こっち(米国)でやれるだけやる。それはずっと変わらなかった」と明言した。

 第一希望は、もちろん残留だ。優勝決定後、残留への気持ちを問われ「そうなればいいと思う。僕はニューヨークが好きだし、ヤンキース、チームメートも好きだし、ファンが大好き」。来季以降もピンストライプのユニホームに袖を通したいからこそ、自らのバットで世界一に導く活躍を見せたといってもいい。ヤ軍は5日から15日間は優先交渉期間があり、この間に交渉がまとまらない場合は、FAとなり、20日からヤ軍を含めた全球団との契約が可能となる。

 今季28本塁打を放ち、ワールドシリーズMVPを獲得した松井の評価はうなぎ登りだ。マリナーズ、Rソックスなど、複数の球団が興味を示している。獲得の意思とは別に、現在の左ひざの状況や、守備がどのくらいできるのかなど、“身辺調査”に動き出している球団もある。今季はDH専門となったが「打って走って守って初めて野球選手」との意志は固く、守備に就きたい気持ちは強い。外野手としてどのくらいの評価をされるかが、球団選択のポイントとなりそうだ。

 ヤ軍・キャッシュマンGMは「今日は我々が世界一になったことを喜ぶだけで、FA(フリーエージェント)など、選手の去就について考えるのは明日以降。(8日には)スタッフ会議を行い、そこで松井に関しての話し合いを持つことになる」と再契約については明言しなかった。次の目標について松井は「世界一になったからといって、終わりではない。ワールドチャンピオンを毎年、目指す」と断言。FAとなった場合は、日本人史上初の快挙を手土産に、ゴジラ争奪戦が幕を開ける。
(引用:ライブドアニュース)

おめでとう!!

tag : ワールドシリーズ ヤンキース 松井秀喜

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。